活動の報告

2016年04月30日
スカイアグリ2016(農業きぼう祭) 〜ジュエリーふくしま〜 参加
         (福島市大笹生:ふくしまスカイパーク)

 参加団員:8名 リーダー:6名 保護者及び家族:7名 (協力:福島分団きぼう)

 今年もふくしまスカイパークで開催された農業きぼう祭に福島分団きぼうと一緒に参加しました。今回は開会式のイベントにも参加しました。
 福島分団きぼうの野崎顧問、石塚分団長の挨拶の後、早速活動に入りました。まずは福島分団齋藤副分団長の指導で折り紙ヒコーキ作りです。

 
 まず全員で記念撮影です。

 
  きっちり折ってください

 
 真剣に折ります

 作った折り紙を持って開会式に参加しました。ステージ前で待機しているとエアレースパイロットの室屋選手が少年団のみんなのところに来てくれました!
 
 
  内堀福島県知事、室屋選手、齋藤理事長と記念撮影!

 ステージセレモニーの後、スカイパークに小型飛行機の開発拠点を設ける自動車部品会社「サード」の起工式に参加しました。鍬入れに合わせてみんなで「飛べ!飛べ!高く飛べ!!」と言って紙ヒコーキを飛ばしました。

 
 起工式の鍬入れにも参加しました

 
 「サード」が手がけたレーシングカーの前で

 ここで開発された飛行機が福島の空を飛ぶ日が楽しみです。
 それからYACブースに戻り、こおりやま分団指導で傘袋ロケットを作りました。その後、いろいろな展示を見て楽しみました。

 
青空に向かって!! 

 
 いろいろな飛行展示とペーパークラフト作り

 
 消防、警察、自衛隊の展示

 
 YACのブースは子どもたちに大人気でした

  そしていよいよ室屋選手のアクロバット飛行です。背面飛行やナイフエッジなど、15分ほどの飛行で会場のみんなを驚かせました。滑走路上をナイフエッジでローパスしながらみんなに手を振っていて、会場のみんなは驚いていました。

 
 上空を旅客機が飛ぶ前で背面飛行です

 
 公式応援グッズを使ってみんなで応援!

 あっという間に楽しい時間は過ぎて、お別れの時間になりました。一緒に活動した福島分団のみんなと握手でお別れしました。

 
 また一緒に活動しましょう!

 
 バスを見送ってくれました

 福島分団のみんなは我々のバスが会場を出るときに手を振って見送ってくれました。また一緒に活動する日までしばしのお別れです。前日には山に雪が降るなど、とても寒く風も強い一日でしたが、楽しく活動できました。
 保護者の皆様、寒い中早朝から長時間の活動でしたが無事に終わることができました。ご協力ありがとうございました。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ