活動の報告

2017年03月17日
科学工作会&H29年度まとめの会
ふれあい科学館20階実験工房
団員:4名 体験入団:1名 リーダー:3名 保護者:3名

 今年度最後の活動は、望遠鏡工作とまとめの会を行いました。始めに、科学館の佐藤解説員の指導で手作り望遠鏡工作を行いました。

 
 手作り望遠鏡工作。佐藤解説員の指導です。

 手作り望遠鏡キット「スピカ」は紙筒製の望遠鏡ですが、対物レンズがガラス製の本格キットで、35倍の倍率です。土星の輪っかも分離して見えます。みんな、慎重に組み立てていきます。

 
 順番に、慎重に。

 
 対物レンズ。汚さないように。

 
 もうすぐ完成!

 
 できた!

 接着剤の扱いに四苦八苦しながら完成です!早速三脚に取り付けて外を覗いて見ました。

 
 見えた!

 
 逆さまに見える!

 ピント合わせが難しいですが、思いのほかよく見えてみんなビックリしていました。今時期は一番星が金星、その上に水星が見えます。早朝には木星、土星、火星が見えます。月も覗いて見て下さいね。

 昼食の後、一年間のまとめの会をしました。いろんな行事があったこと、来年度もいろんな行事を予定していることを説明しました。その後、一年間の活動記録を21階展望ロビーに展示しました。遊びに来た人たちがのぞき込んでいました。

 
 来年もたくさん活動しましょう!

  展示を終えて23階宇宙劇場に移動して春休み中上映しているドーム映像「グレーの子パンダ 小さなグレートの成長日記」を見ました。

 
 グレー色に生まれたグレート

 
 他の兄弟より小さいグレートの成長日記

 グレートは他の兄弟よりも小さくて、ちょっと成長が遅れていました。お母さんパンダは「あなたにはあなたの時間が流れてるの。マイペースマイペース」と言ってグレートを見守ります。「グレーの子パンダ 小さなグレートの成長日記」は4月5日まで上映です。

 今年度最後の活動は、まる1日の活動でした。長時間お疲れさまでした。また、一年間無事に活動を行う事が出来ました。保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。新年度もよろしくお願いいたします。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ