今月の星空

2017年10月01日
アンドロメダ銀河

 秋の星座の代表といえるアンドロメダ座は秋の四辺形「ペガススの四辺形」の隣にあります。M31「アンドロメダ銀河」はかつて「アンドロメダ座大星雲」と呼ばれていました。4等ほどの明るさで、暗い空ならば頭上にきた時に肉眼で見えます。細長く、双眼鏡ならよく見えます。β(2等星)の6度ほど北にあります。


 M31「アンドロメダ座銀河」(20cm反射望遠鏡で撮影)

☆ オリオン座流星群
 毎年10月21〜22日にかけてオリオン座の方向から流星が飛びます。見えても1時間に10個ほどでしょう。夜中は冷えますので防寒対策はしっかりしましょう。今年は新月過ぎで月がありませんので明るい流星がたくさん見えるかもしれません。。

☆ 月の満ち欠け

   6日(金)  満月(十五夜は4日です)

  12日(木)  下弦の月

  20日(金)  新月

  28日(土)  上弦の月

☆ 惑星の動き

  水星  10月の水星は太陽の近くにありますので観測は困難です。
        
  金星  10月の金星はしし座にあって日の出前の東の空に見えています(明けの明星)。10日からは
       おとめ座に入ります。
       
  火星  10月の火星は日の出前の東の空低く見えています。しし座にあって6日には金星と大接近します。
       13日からはおとめ座に入ります。
                     
  木星  10月の木星はおとめ座にあって、日没後には西の空低く見えています。太陽に近いので実際には
       観測は困難です。
               
  土星  10月の土星はへびつかい座にあって、日没後の南の空に見えてきます。10月17日輪が最も開いて
       見えています。これから少しずつ細くなっていきます。
       
  天王星・海王星  天王星はうお座、海王星はみずがめ座にあります。
       機会がありましたら観測してみましょう。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ