活動の報告

2015年11月10日
「油井宇宙飛行士とリアルタイムで交信」イベント参加
 郡山市ふれあい科学館スペースパーク 宇宙劇場
 参加団員:11名 保護者及び家族・友人:14名 リーダー:5名

宇宙劇場で開催された「ブラザーアーストーク JAXA油井宇宙飛行士とリアルタイムで交信」イベントに参加しました。

 

 ISSと日本国内7ヶ所の科学館を繋いで、滞在中の油井宇宙飛行士と子どもたちが交信するというイベントです。
 まず、ISSについて勉強しました。高度400Kmにあって地球を約90分で一周するISSは、いろんな国の協力で作られました。日本の実験棟「きぼう」も稼働していて、定員は6名。太陽電池パドルを含めた広さはサッカーグラウンドほどの大きさです。ISSと日本の会場は衛星回線やインターネット回線を使用して繋ぐため、7秒弱の時差がかかるそうです。

 
 平日夜の活動ですが、たくさん参加してくれました

 いよいよISSと繋がって全国の子どもたち代表との交信が始まりました。郡山会場は公募で選ばれた中学三年生の遠藤君が「宇宙と地上では星やオーロラの見え方はどう違いますか」と質問。油井さんは「星は大気が無いため瞬かない。オーロラや流れ星は地球に流れるので下に見えます」と答えてくれました。

 
 質問中の遠藤君

 約20分間の交信中、他会場から「飛行機の操縦とロボットアームの操縦はどちらが楽しいですか」「宇宙で栽培したレタスと地球のレタスはどちらがおいしいですか」などの質問に「自分で乗れるので飛行機の操縦の方が楽しい」「やっぱり地球のレタスの方がおいしい」と、丁寧に答えてくれました。油井さんは「宇宙に来て改めて地球の環境の大切さを感じました」「12月まであと少しですが、滞在期間中応援お願いします」と話して交信は終了しました。

 
 油井宇宙飛行士に手を振ってお別れです。

 
 たくさんのテレビや新聞が取材に来ていました

 団員のみんなも油井さんが無重量状態で宙返りをしたり、宇宙でのコーヒーの飲み方に感心していました。「将来は宇宙飛行士になりたい」とインタビューに答えた団員もいて、とても思い出に残るイベントになりました。
 保護者の皆様、平日の夜にもかかわらずたくさん参加して下さり、ありがとうございました。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ