活動の報告

2015年11月21日
天体観測会 :浄土松公園北側駐車場

 参加団員:6名 保護者:6名 リーダー:2名

 秋の天体観測会を浄土松公園駐車場で行いました。この秋は目立つ惑星が明け方の空に集まっていて見えないので月齢8.99の月をメインに行いました。薄雲が全天にかかっていて、月も暈をかぶっていましたが、たくさん集まってくれました。
 
 
 寒い中、たくさん参加してくれました

 今夜は前日に届いたばかりの山田副分団長の新兵器、28cmシュミットカセグレン望遠鏡のファーストライトです。望遠鏡の大きさにまずビックリ!そして雲間から見えたはくちょう座の二重星アルビレオを覗くと、綺麗な色の違いにまたビックリでした。

 
 ファーストライトです

 こと座のベガやはくちょう座のデネブなど、明るい星は肉眼でも見えていてそれ以外は雲に隠れて見えないと思われましたが、望遠鏡で覗くとこと座のダブル・ダブルと言われる二つの二重星(イプシロン二重星)、天王星や海王星などの外惑星も見えました。天王星や海王星はあまり明るくないのでなかなか見る事が出来ない惑星です。

 
 きれい!すごい!!

 そしていよいよ月を見ました。夏に作ったコルキットスピカやKT-5、双眼鏡で月を覗いた後に28cm望遠鏡で覗くと・・・月のクレーターの巨大さにみんな覗いた瞬間に声を上げてビックリしていました。希望者にはスマホで月の撮影もしていただきました。

 後半、晴れ間からおうし座のアルデバランやぎょしゃ座のカペラなど冬の一等星が見え始め、M45プレアデス星団(すばる星)も見えました。そして最後に、M31アンドロメダ銀河をみんなで観察しました。

 雲に覆われて月しか見えないかなと思っていましたが、思いの外たくさんの星を見る事ができました。まだ西には夏の星座が、南は秋の星座、そして東から冬の星座が昇って来ているという話をして観測会を終了しました。保護者の皆様、寒い中たくさん参加して下さりありがとうございました。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ