活動の報告

2014年07月13日
ふれあい科学館 夏休み映画先行試写会参加&望遠鏡製作

 郡山市ふれあい科学館 宇宙劇場及び20階多目的研修室
 参加団員:13名 リーダー:5名
 保護者および家族:11名

 ふれあい科学館で夏休みに上映されるプラネタリウム番組の先行試写会に参加しました。番組は、「大恐竜時代 恐竜パッチの大冒険」という、恐竜時代のCG映画です。最初に科学館の伊東館長が地球の誕生から恐竜時代までのカレンダーを説明しました。そして、大迫力の映画を楽しみました。

 
  宇宙劇場入り口にある恐竜の卵。中に入って写真が撮れます。

 
 お土産の地球の歴史カレンダー、恐竜シール、アンモナイトの化石、さきっちょ恐竜です。

 お昼を挟んで20階の多目的研修室に移動して、望遠鏡「コルキット スピカ」作りをおこないました。まず、科学館の佐藤解説員が望遠鏡の歴史、種類を解説してくれました。

 
 最初に発明された望遠鏡は「スパイメガネ」と言ったそうです。

 そして、学生時代から何台もの「コルキット スピカ」を作ったという佐藤解説員の指導で望遠鏡作りの開始です。

 
 部品を確認して製作開始!

 
 みんな、真剣です。

 
 これでいいのかな・・・

 
 だんだん形になってきた・・・

 
 完成!!

  みんな真剣に一生懸命作って、1時間ほどで完成しました。その後、窓際においた三脚に取り付けて自分で作った望遠鏡で街を覗いてみました。

 
 ピントを合わせてみると 「あ!見える見える!!」「車も人も良く見える!!」

 
 「逆さまに見える!」

 
 試写会でもらった恐竜シールでデコレーション!恐竜も見えるかな!?

 
 みんな、いつまでも望遠鏡を覗いていました。

  この望遠鏡は35倍の倍率で見えます。月のクレーターはもちろん、木星の縞模様やガリレオ衛星、土星の輪っかも見る事が出来ます。今は土星が見頃なので、晴れた夜に是非見てみて下さい。自分で作った望遠鏡で見る土星の輪はとても感動します。

 試写会と望遠鏡作りと、一日がかりの活動になりましたが、みんな楽しんでいたようです。夏休みは望遠鏡で夜空を観察して下さい。そして、科学館にも遊びに行っていただきたいと思います。
 保護者の皆様、長時間の活動に参加していただきましてありがとうございました。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ