活動の報告

2011年05月28日
平成23年度入団式と科学工作「天体望遠鏡をつくろう」
   (ふれあい科学館20階研修室)
    参加団員 12名 
    リーダー 7名  保護者及び家族8名

 平成23年度は3月11日の東日本大震災により4月の活動が中止になりましたので、6名の新入団員が始めて参加するのはこの日が初めてです。5月の活動「天体望遠鏡をつくろう」の前に入団式のセレモニーを行いました。
 山本分団長のお話、来賓の郡山ふれあい科学館の遠藤館長の挨拶をいただいてから、本部の松本零士理事長と毛利衛団長から届いた祝辞が読まれました。その後で新しい団員に団員証を授与しました。 


 挨拶する山本分団長


郡山市ふれあい科学館の遠藤館長からご挨拶をいただきました。


祝辞を代読する山本分団長


 団員証をいただく新入団員です

 入団式のあとはふれあい科学館の水谷解説員に大きなレンズを使って望遠鏡のしくみを説明していただいてから、班目副分団長の指導で望遠鏡をつくりました。2年前に作った望遠鏡と同じ望遠鏡ですが、ほとんどの団員が始めて作りました。また科学館にあるガリレオ・ガリレイが使った望遠鏡と同じ望遠鏡を展示して景色を見ました。


 解説は郡山市ふれあい科学館の水谷解説員です


 天体望遠鏡の組み立ては難しいのですが、うまくできたようです。


 小さなファインダーとカメラの三脚に取り付ける台座を付けて完成です。

 3年生もなんとかできました。研修室の窓から外の景色を見ると全員がきれいに見えましたが、景色が逆さに見えてびっくりしたようです。天体望遠鏡はさかさまに見えるのです。なお、天気が悪いので28日と29日に予定していた天体観測会は中止になりました。8月のキャンプには自分の望遠鏡で木星を観測しましょう。
 保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ