今月の星空

2017年08月01日
☆ ペルセウス座流星群

 今年のペルセウス座流星群は8月12日夜から13日朝にかけてがピーク(極大)になります。12日夜は月齢20.2の月が午後9時過ぎに上ってきますが、晴れていれば明るい流星が見えそうす。涼しい山に上がって観測も良いでしょう。流星は深夜まで待たなくても飛びます。ペルセウス座が北東の空に見えてくるのは午後9時ころです。一晩楽しめます。 またぺルセウス座流星群は7月20日頃から飛び始めてきます、そして8月20日頃まで飛びますのでぺルセウス座の方向から飛んできたら流星群ということです。


ペルセウス座流星群

☆ 8月8日の部分月食
 
 8月8日未明に部分月食が起こります。皆既月食ではありませんので、この写真くらいまで欠けて見られます。8月7日の深夜午前2時22分に欠けはじめて、午前3時21分に25%(4分の1)まで欠けて午前4時19分に本影から出ます。そのころには月は西に傾いて薄明が始まります。

 
 部分月食


☆ 月の満ち欠け

   8日(火)  満月(部分月食)

  15日(火)  下弦の月

  22日(火)  新月(アメリカで皆既日食)

  29日(火)  上弦の月

☆ 惑星の動き

  水星  8月の水星は日没後の西の空低く見えていますが、太陽に接近していきますので
       観測は困難です。
        
  金星  8月の金星はふたご座に入って日の出前の東の空に見えています(明けの明星)。
       19日に細い月と接近します。
       
  火星  8月の火星は太陽のそばにありますので観測はできません。
                     
  木星  8月の木星はおとめ座にあって、日没後には南西の空低く見えています。木星の
       縞模様や四大衛星を観察してみましょう。
               
  土星  8月の土星はへびつかい座にあって、日没後の南の空に見えてきます。
       輪が広がって土星らしい姿に見えています。
       
  天王星・海王星  天王星はうお座、海王星はみずがめ座にあります。
       機会がありましたら観測してみましょう。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ