今月の星空

2018年12月01日
M42「オリオン大星雲」

 冬の星座オリオン座には1等星が2つあります。真ん中には「三ツ星」と呼ばれる3つの2等星があります。その南に「小三ツ星」と呼ばれる星がありますが、その真ん中が「オリオン大星雲」です。肉眼でももやっと見えますし。双眼鏡でも見えます。大きな望遠鏡でみると鳥が羽を広げたような姿が見えてきます。この星雲の中では新しい星が生まれていることが知られています。写真を撮るとすぐ北に青い星雲が写ります。

 
  オリオン大星雲(2017年11月21日20cm反射望遠鏡で撮影)

☆ ふたご座流星群

 12月14日から15日にかけて見られるふたご座流星群は晴れていれば1時簡に20個は見られるといわれますが、今年は月がありますが、23時を過ぎると月が沈みますので良い条件です。流星が多く見られそうです。なお前後1週間程は流れますので機会があれば空を注意してみてみましょう。  

☆ 月の満ち欠け

   7日(金)  新月

  15日(土)  上弦の月

  23日(日)  満月

  29日(土)  下弦の月

☆ 惑星の動き

  水星  12月の水星は中旬頃は日の出前の東の空低く見えます。
        
  金星  12月の金星は明け方の日の出前の東の空おとめ座に見えます。14日からてんびん座に
       移動します。
       
  火星  12月の火星はみずがめ座にあって日没と共に南の空高く見えてきます。赤く明るいので
       目立ちます。7日には海王星と大接近します。小さくなりましたが月始めは0.0等、月末には
       0.5等になります。
       
  木星  12月の木星は日の出前の東の空低く見えていますが、下旬まではほとんど見えません。
       22日に水星と接近します。

  土星  12月の土星はいて座にあって、月初めは日没と共に南西の空低くに見えています。
       中旬からは太陽に接近していきますので観測は困難です。

  天王星・海王星  天王星はうお座、海王星はみずがめ座にあります。7日に火星と海王星が
       大接近します。海王星を観測するチャンスです。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ