活動の報告

2015年05月23日
天体観測会 :浄土松公園北側駐車場

参加団員:6名 リーダー:3名 保護者:4名

 春の天体観測会を浄土松公園駐車場で行いました。春霞がかかって1等星以外の恒星は見えませんでしたが、月齢4.5の月、木星と金星が西の空に輝いていました。
 始めに山田副分団長が今夜観測できる惑星と、見えていたうしかい座のアルクトゥールス、おとめ座のスピカの他、春の星座を紹介しました。 

 
 今夜の星空を紹介しています 

 山田副分団長と津川リーダーの反射望遠鏡2台、双眼鏡と昨年製作したコルキットスピカの4台で観測しました。五日月のクレーターや木星の4大衛星、金星が月のように半月型に見えてみんな驚いていました。 

 
  コルキットスピカで月を見ています

 
 カメラを接続してモニターで木星を観測しています

 
 みんな興味深そうに覗いていました

 
  木星と金星

 
  土星

 土星が見えてくるのを待っていましたが、だんだん雲が多くなってきました。翌日はスカイパークイベントに参加するため朝が早いので、残念ながら土星が山陰から上ってくるまで待つ事ができませんでした。そのかわり、山田副分団長が撮影した土星や金星の写真をみんなに配りました。
 保護者の皆様、翌朝早いのに夜間の活動に参加していただきありがとうございました。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ