2021年の天文現象


日 付
天 文 現 象
5月26日(水)
 スーパームーンの皆既月食

 5月26日の満月は2021年で一番大きいスーパームーンです。その満月が皆既月食に
なります。月の出間もない18時45分に欠け始め、徐々に欠けていって皆既月食が始まる
のが20時11分、皆既の時間は15分ほどで20時26分には光が見えてきます。月食の終
わりは21時52分です。月はさそり座にありますので高度は低いです。南が開けた場所で
見るとよいでしょう。


  皆既月食(2014年10月8日撮影)

5月29日(土)
 水星と金星の接近

 5月28日から29日にかけて日没後の西空低く金星と水星が接近します。明るい金星の
そばに少し暗い水星が見えます。水星を見るチャンスです。27、28日は金星の左上に水
星が見えます。29日には金星は水星を追い越しますので水星は左下に見えます。


 これは木星と金星ですが、このように見えます(2002年6月3日撮影)

7月13日(火)
 金星と火星が接近

 金星と火星は7月10〜13日に徐々に接近します。12日には細い月が接近します。
西の空がにぎやかになります。


 水星、金星、火星と土星の接近(2002年5月2日撮影)

11月19日(金)  部分月食

 11月19日の部分月食は最も深く欠けたときは98%ですからほとんど皆既月食といってもよいほどです。日没直後の東の空に月は少し欠けた状態で上ってきます。最も欠けるのは(食の最大)18時02分です。食の終わりは19時47分です。


 皆既月食直後の月です(2014年10月8日撮影)
 
11月8日(月)  金星食

 11月8日の午後2時頃、金星は月に隠されます。郡山では午後1時46分に月の暗い部分に隠されていきます。三日月の明るい部分から出てくるのは午後2時42分です。南の空に見えます。

12月3日(金)  火星食

 12月3日の朝、火星食が起きます。午前8時21分に月齢28.1の細い細い月に隠されます。月の暗い部分から火星が出てくるのは9時38分です。太陽に近いところで起きますので観測には注意が必要です。



戻る
戻る