今月の星空

2016年09月01日
9月の星空 

☆ はくちょう座
 
 夏の大三角のひとつデネブを1等星として持つ星座「はくちょう座」は「北の十字星」としても呼ばれる美しい星座です。午後8時頃には頭上に見えます。


はくちょう座

 この白鳥は七夕の織り姫と彦星を天の川で橋渡しをした伝説の白鳥です。そのため天の川の中で飛んでいるような形になっています。写真では左に1等星デネブ(デネブとは尾の意味)、右には頭の部分に3等星のアルビレオ、中程に羽を広げたように明るい星が3個縦に並んでいます。
 なお、この星座にはブラックホール1号といわれるX線星があります。またデネブの東には「北アメリカ星雲」と呼ばれる大きな散光星雲があります。写真ではデネブのすぐ下に赤く三角形に写っています。

☆ 十五夜(9月15日)と16日深夜の半影月食

 旧暦の8月15日の夜が十五夜です。今年は9月15日(木)になります。
 「中秋の名月」と呼ばれますが、正確な満月は翌日16日の深夜午前3時54分ですから月は少し欠けて見えます。またその時に「半影月食」が起こりますので北側が少し暗くなります。その時は月は西に傾いています。

☆ 月の満ち欠け

   1日(木)  新月

   9日(金)  上弦の月

  17日(土)  満月(半影月食)十五夜は15日

  23日(金)  下弦の月

☆ 惑星の動き

  水星  9月の水星は日没後の西空低く見えますが太陽に近いので観測は
       困難です。下旬になると夜明け前の東の空低く見えてきます。
        
  金星  9月の金星は日没後の西空低く見えますが太陽に近いので観測は
       困難です。3日には細い月と並びます。
    
  火星  9月の火星は3日にはさそり座からへびつかい座に入ります。22日
       にはいて座に移ります。小さくなりましたが、望遠鏡があったら観測
       してみましょう。明るさは−0.3等で月末には0.1等になります。
                     
  木星  9月の木星はしし座にあって日没と共に西の空低くく見えていますが
       太陽にどんどん近づいていますので観測は無理です。
            
  土星  9月の土星はへびつかい座にあります。日没とともに南西の空に
       見えてきます。今年の土星は輪が大きく開いて見えます。
       
  天王星・海王星  天王星はうお座、海王星はみずがめ座にあります。
       機会がありましたら観測してみましょう。





トップへ
トップへ
戻る
戻る
次へ
次へ