日本宇宙少年団こおりやま分団   
  


分団の概要



私たちのこおりやま分団は1年以上の準備期間を経て2001年4月1日に発足しました。
分団活動の拠点は「郡山市ふれあい科学館(スペースパーク)」を擁する地上24階のビル「ビ
ッグ・アイ」です。スペースパークには宇宙探検コーナーや月面車操作体験、月面での重力体
験コーナーなどや234席のプラネタリウムがあり、このプラネタリウムは宇宙劇場と呼ばれ、
全天周の壮大な番組の投影が行われ、私たち宇宙少年団ばかりでなく、県内外から注目され
ています。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  
                                  
これを機会に発足したのが宇宙少年団こおりやま分団です。失われ行く星空を求めてくる人た
ちの力になりたい人や、自然を大切にする人を育てたい人たちが集まり分団ができました。 

初年度の団員は小学4年生から高校2年生まで50人ですが、50人募集したところ104名の
応募がありました。その中には兄弟姉妹で応募した組が何組もあり、見事入団できた兄弟が2
組で、姉妹も1組います。しかし兄弟で抽選に当たらなかった組や、兄弟のどちらかが当たり2
人で入団できなかった人もいました。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
                                   

ほんとうの空がまだまだ残っている福島県の中央に位置する郡山から、宇宙や自然に興味も
つたくさんの人材が育ってくれることがみんなの願いです。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
2015年2月に新しい団員を募集しました。現在リーダーを含めて60名が活動中です。
                         

戻る
戻る